大量のインプットに、アウトプットがついていかず消化不良になる。わかるわかる。

エンジニアとして仕事をしていると、次々に新しい技術が生まれてきます。 こういう技術っていうのは流行り廃りがとてもとても速いです。 数年前にjavascriptのサーバーサイド実装NodeJSが突然登場して、 一気に浸透していくのを肌で感じました。 そして、npm,gruntが登場し、web業界ではgruntを使う人達が出てきました。 その後1年もただずにgulpが登場して、シェアを取られてしまうといった現象も起きていました。 php7が登場して、phpの書き方が変わったり、golang,scalaが登場したりと、 あらゆるところで技術革新が進んでします。 フルスタックエンジニアの俺としては、それらの知識をすべて身につけて、 プロジェクトごとに最適な言語使い方で、様々な価値を生み出していきたい。 しかしながら、たくさんの知識をインプットしたところで、 すぐに忘れていってしまうし、勉強出来る時間を取れるのも、 学生の間だけでしょう。 できるだけ効率よく、技術知識を消化するのにはどうしたらいいのか、 という視点からこの記事をいていきます。