mainvisual

はじめに言います。

クレジットカードで失敗しました。ちゃんと考えておけばよかった。公開しました…

はい….

私は、九州の大学生で西日本シティ銀行のクレジット機能付きキャッシュカード(オールインワンキャンパスカード)を持っています。 しかし、このカードは学生限定のカードなので、卒業すると同時に返却しなければなりません。

クレジットカードは、発行会社毎に信用情報を管理しているので、 一般的にカードを作り直すと、信用度も0になります。

例えば、西日本シティ銀行のクレジットカードを持っていて、使い続けていくうちに使用上限が40万円になったとしましょう。 ところが、使いづらくなる状況が発生したので、クレジットカードを変更したところ、それまでの信用がなくなり 使用上限が10万円あからとなってしまう。。。

といった状況になったわけです。

更に、就職先が東京であるために、引き落とし先である西日本シティ銀行の支店が無く、 持っていてもあまりメリットがない…という状況になってしまいました。

こういうクレジットカードは持つべきではない!と言っているのではありませんよ。 クレジット機能をつけることにより、引き出し手数料が無料というところもあるので、 どのカードに重点を置くべきか考えましょう。という事を言いたいのです。

初めに

さて、冒頭で書いたとおり、私は大学卒業後は東京へ行ってしまうために、 この銀行のカードを持つこと自体が無意味になってしまい、 信用も0から作り直さなくてはなりませんでした。

非常にもったいないことをした…と思いました。

この記事は、「学生に向けた、クレジットカードに振り回されない考え方」という視点で説明します!

この記事を読んでいる学生は、

  • クレジットカードなんて、どこも同じでしょ?
  • 使えればなんでもいいよ

みたいに思っていませんか?

それ、将来とってももったいないことをしてしまうかもしれませんよ!

そもそもなんでクレジットカードが必要なのか

  1. クレジットを使うことによるポイント
  2. クレジットカードの会社に対する信用度のアップ
  3. 外国サービスの決済が主にクレジットカード

クレジットを使うことによるポイント

クレジットカードは使用することにより、ポイントが貰えます。 このポイントは、「ヨドバシカメラ」「ヤマダ電機」などの各種店舗で使えるポイントに変えることができます。 場合により多少の違いはありますが、結果的におおよそ100円で1円分のポイントをもらうことが出来ます。

クレジットカードの会社に対する信用度のアップ

クレジットカードはたくさん使ってしっかり遅れなく支払うことにより、 「この人はちゃんと期限を守ってくれる」という信用がついてくるようになります。

そうすることで、利用限度額が上がったり、サービスが向上したりと、様々なメリットがあります。 この利用限度額ですが、学生であれば1年で50万ぐらいクレジットカード決済をすることで、 10万円単位で制限が外れていくようになります。

また、学生の間は30万円が利用限度額の上限ですが、さらに使い続けると40万円程まで上がるようになります。(自分がそうです)

外国サービスの決済が主にクレジットカード

外国のITサービスを利用するときって、大体がクレジットカード決済になります。 ドル払いだったりするので、銀行振込のような手段は出来ません。

このような場合に非常に重宝します。 ただ、信頼できないサイトでクレジットカードは使っちゃだめですよ

クレジットカードを使う事にメリット!

クレジットカードを使うことは、様々なメリットがあります。 ざっと思いついただけでもくこれぐらい有ります。

  • ポイントを貯めることが出来る
  • クレジットを使うことにより、信用がアップする
  • 家計簿をつけるのが楽になる
  • 銀行振込や代引きの手数料を気にしなくて買い物が出来る
  • 世界中の会社と取引が出来る

私はクレジットが手放せなくなっています。それは、クレジットカードがないと生活出来ない!とか、 お金を闇で回している…みたいなものではありません。

クレジットは、利用金額により、ポイントを貯めることが出来ます。 だいたい、100円で1円分の感覚だと思えばいいでしょう。

その上、クレジットカード払いを普段から利用し、その利用額を遅延なくしっかりと払っている人は、 信用の度合いがアップし、銀行などお金に関わることに対して有利になると言われています。

そのようなこともあり、クレジットを持つことによるメリットはたくさん有ります。

オール・インキャンパスカードで困ったこと

カードを返納するときに、このような困ったことにあいました。

  • カードを返納しなければならないので、一時的にATMが使えなくなる。
  • カードを返納すると、今までのクレジットカードに対する信用が0になる。

クレジットって、発行会社が違うと、カード所有者の個人情報の管理も異なります。 VISAを2枚取得しているからといって、信用が一元化されているわけではありません。

なので、オール・インキャンパスカードをやめることにより、 学生の間に使うことによる信用が0となってしまうことになりました。

これは非常に痛い。

ちょっとしたことで、利用限度額に到達してしまいます。

この事を通して得られた教訓

いくら、クレジット機能付きのキャッシュカードであるからと言って、 そのカードを使う必要はありません。 クレジットカードはそう変更するものでもないと思っているので、 長い目で見たときに信用がずっと残せる会社のクレジットカードをつくっておくのが一番だと思いました。

大事なのは、どのクレジットカードに重点をおくか。だと思います。

学生が作るべきオススメのクレジットカード

このような教訓もあり、私がおすすめするクレジットカードは三井住友VISAカードです。

学生用のクレジットカードから社会人。富裕層まで幅広くカバーする会社であるためです。 また、日本で初めてクレジットカードを発行した会社でもあるため、 手厚く信用の出来るサービスが充実しています。

また、同じ会社内のクレジットカードであれば、 カードを変更した際にもその信用は引き継ぐことが出来るため、 収入が上がったとしても、しっかりと対応してもらえるという安心感も有ります。

是非、一度考え直して見てはいかがでしょうか?

comments powered by Disqus