mainvisual

MacOSX上でUbuntuを動かします。 MacにDockerをインストールする方法は別の記事で書こうと思います。

Dockerホストの起動

DockerはLinux上でしか起動することが出来ません。 このためMacで使用するときは、VirtualBoxでLinuxの仮想環境を作って、 その上でDockerを起動します。

この時、Linux環境のことをホストといいます。

Linux仮想環境を起動した後に、Dockerを使いましょう

$ docker-machine start default
$ eval $(docker-machine env)
$ docker run -it -rm ubuntu /bin/bash

Dockerイメージの取得

$ docker pull ubuntu:latest

Unable to find image 'ubuntu:latest' locally
latest: Pulling from library/ubuntu
b3e1c725a85f: Pull complete
4daad8bdde31: Pull complete
63fe8c0068a8: Pull complete

取得したイメージはdocker imagesコマンドで確認出来ます。

$ docker images

REPOSITORY     TAG            IMAGE ID       CREATED        VIRTUAL SIZE
ubuntu         latest         104bec311bcd   2 weeks ago    128.9 MB

コンテナを起動する

取得したコンテナはdocker runで起動します。 ubuntuコンテナ内で/bin/echo testを実行することが出来ます。

$ docker run ubuntu /bin/echo test
test

今度は、コンテナの中に入ってシェルで操作してみます。 -itオプションを使うことでDockerコンテナ内シェルへの入出力が可能になります。 --rmオプションを使用することで、コンテナ終了時に同時に消去することが出来ます。

$ docker run -it --rm ubuntu /bin/bash 

コンテナの確認

コンテナを確認するには、docker psを使用します。 コンテナには、起動中のコンテナと待機中のコンテナの2種類あります。

起動中のコンテナのみ表示するときはdocker ps、 待機中のコンテナも表示するときはdocker ps -aを実行します。

もっと知りたいなと思ったときは!

その他、この記事でわからないことがあったら、teratialというサービスを利用するといいと思います。 勇者が初歩的な質問からマニアックな質問に幅広く答えてくれますよ! 是非、一度使ってはいかがでしょうか?

comments powered by Disqus