mainvisual

いよいよ、引越を考える季節になってきました。 福岡から東京に行くとか、結構距離のある移動をしなければならない人も多いの出はないでしょうか?

引越をするときに一番迷うのは「どこの引越業者を選ぶか」だと思います。 とりあえず「値段の安い引越業者を探している人」、 「安いサービスの手厚い引越業者を探している人」など様々だと思いますが、 できれば信頼の厚い大手引越業者に手頃な値段でお願いしたくはないですか?

実は、私は福岡から東京に引っ越す予定があるんですが、 「サカイ引っ越しセンター」さんに65000円という格安料金でやってもらうようにできました。

普通は、福岡東京間は100000円ほどかかるので、 この料金がいかにお得かがわかるかと思います。

今回、大手引越業者に格安な料金で引越をお願いするにはどうすればいいのかをまとめたので、 ぜひ参考にしてもらいたいと思います。

初めに: 安くしてもらうなら、営業の人との交渉しかない!

大手を含めたほとんどの会社では、必ず「見積もりを!」って感じで必ず家に来て、 家財の量をチェックします。その際に、通常料金を提示させてもらうと思いますが、 初めから「安くして下さい!」って言うのは、正直良い気はしません。

例えば、「あなたの会社を使って引っ越しを必ずしますから!」と言って、 安くしてもらったとします。でも、他社でもっといい条件が出たから乗り換える! みたいなこともあるかもしれません。営業の人から見ればたまったもんじゃないと思います。

交渉と言うのはお互いにwin-winになってからこそ、 初めてすることが出来るものだと思うのです。

お互いの条件をすりあわせて、自分の納得の行く条件が出たら、 初めて約束をするようにしましょう。

初級編1: 安く済ませたいなら、2月までに引っ越すべし!

引越業者にも、JRと同じように閑散期と繁盛期があるのをご存じでしょうか? 引越業者では3月が繁盛期にあたり、通常料金の2倍ぐらいの値段がします。

これは、ある大手引越業者から聞いたのですが、 通常は80000円ぐらいなんですが、繁盛期の3月では120000円以上するみたいです。 値引き交渉等は全くできないようでした。

つまり、引越料金を安く済ませたいのであれば、 2月までに済ませなければならないことになります。

もし、引っ越しが3月になってしまう場合にはこの記事の内容は殆ど意味がないかも…

初級編2: 引っ越しの一括見積を利用しよう!

実は、これが一番重要だったりします。

一括見積もりを行うと、それが引越業各社に伝わるようで、 なんとか自分の会社で契約をとろうと必死に営業をかけてきます。 料金競争が生まれるために少しでも下げようとするので、交渉しやすくなります。

中級編: 見積もりをしてくれたとき引っ越しの段取りを組むと、5000円引きに!

これは、実際に家に来てくれるまで知らなかったことです。

引っ越しをするときには、必ずダンボールに詰めて送りますよね? 引っ越しの約束をすると、そのダンボールを貰えるわけですが、 もらう日にちを、約束日当日にもらうと、配送などの手間が省けるため、 通常料金より5000円安くしてもらうことが出来るようです!

これは、本当に助かります!

特殊例: 営業ノルマ達成のために価格を下げることもある

これ、実際に私が体験した例です。

ある引っ越し会社で見積もりを取ってもらいました。 福岡〜東京で価格は80000円。安くもないし、高くもない。 こことは違う他の引越し会社が65000円を提示してくれていたので、 そっちを選ぼうかと思っていました。

そのことをとってもオブラートに包んで伝えて、 お引き取り願おうとした時に、 その営業の上司から「65000円で..」という連絡が入ったらしいのです。

なぜ、65000円になったのか?それは、「今日の営業ノルマに届いていないから、 ここで安くてもいいから契約をとりたい」という会社側の思惑があったみたいです。 (実際に聞きました。)

「まぁ、そういうこともあるよ」程度で紹介です。

こういうことを言ってたから、自分もそうしてよーみたいにいてはいけませんよ。 大事なのは、「信頼関係」です。

交渉をやりやすくするために

引越料金をの相場を知っておこう

事前に引越料金を調べておくことは非常に重要です。 当たり前と思っているひとは、心配ありません!

引越業者の言う価格をに踊らされてはまともな交渉もできません。 相場を知っておけば、提示してくれた値段に対してどのくらい値引きが効きそうかとか、 どの引越業者を選ぶかの基準にすることができます。

フランチャイズかグループトップか自社運搬か

引越業者と一口にいっても、 全国には3万は以上の引越業者があるのを知っていますか? そのほとんどは、小さな中小企業で地域専用の引越を行っています。

そのような小さな中小企業が 、他の大きな引越業者の名前を借りて運営している「フランチャイズ店」、 中小企業と契約して業務提携運営している「グループトップ」、 またはすべて自社で行う自社運搬があります。

私のおすすめは、自社運搬です。

引越業者のトラブルは意外におおい!

引越業者は意外にトラブルが多いことを知っていますか?

消費者生活センターという、国が運営している国民向けの相談窓口があるんですが、そこのデータによると引越を行った件数のうち、 50%は破損、追加請求、非常識な態度など、様々な問題が発生しているようです。

しかも、そのなかには未申告のものは含まれていないため、 潜在するものを合わせると、引っ越しの際には必ずトラブルが発生 している。 と言っていいと思います。

もちろん、全ての引越し業者がそのようなトラブルメーカーであるわけではありません。 例えば、大手引越し業者の「サカイ引越センター」では、トラブル発生率は約1%と、 ほとんどトラブルが発生していない!というふうに聞きました。

余計なトラブルに巻き込まれないために、引越業者を選ぶときには、価格だけではなく、 その引越業者が信頼できるのか、というのも選ぶための大きなポイントとなります。

一括見積はどこですればいいの?

一括見積はここ で簡単に出来ます。ネットであなたの住んでいる地域に当てはまった引っ越し会社に一瞬で一斉にメッセージを飛ばしてくれます!。その後、会社から電話がかかってくるので、見積もりの予約をしましょう!後は、会社の営業の人が全てをやってくれます!

わたしの場合、営業の人はとても引っ越しに詳しい人ばかりで、色々引っ越し裏事情なんかも話してくれました! 引越しのことを知るいい機会にもなると思うので、是非試して下さい!

また、見積もりをするだけなら無料で出来ます!

もしも、この記事がイイと思ったら、ツイートお願いします!

やる気が出ます!

comments powered by Disqus