【2018年版】無料なpublic DNSの一覧

通常、インターネット接続時、自動的にOCN、Yahoo!BB、Biglobe、 ぷららなどのプロパイダ(ISP)から提供されるDNSサーバーが割り当てられます。 その為、一般的には意識しなくても、Webサイトを開くことができます。

しかし、public dnsを使うことで下記のようなメリットがあります。

  • プライバシーの確保
  • Webページ表示の高速化
  • 安全性の向上
  • 対障害の確保

私は、public dnsは運営団体によっては、絶対に切り替えるべきだと思っています。 家のルーターの設定を変更して、すべての機器がpublic dnsに接続するようにしています。

この記事では、2018年に知っておくべきオススメpublic dnsを集めたので紹介します。

目次

  1. public dnsサービスの一覧
  2. public dnsを使うことによるメリット

public dnsサービスの一覧

有名所のpublic dnsを集めました。これだけ知って追えば十分だと思います。 今回は、「速度重視」「セキュリティ重視」の2グループに分けました。

何がなんでも、速くレスポンスを返そうとするDNSサービスを「速度重視」、DNS問い合わせ時に有害サイトであるかどうかを 判断するセキュリティが導入されているものを「セキュリティ重視」と分けました

プロパイダプライマリDNSサーバーセカンダリDNSサーバーグループ
Cloudfare1.1.1.11.0.0.1速度重視
Google8.8.8.88.8.4.4速度重視
Quad99.9.9.9149.112.112.112セキュリティ重視
Verisign64.6.64.664.6.65.6セキュリティ重視
Norton199.85.126.10199.85.127.10セキュリティ重視

Cloudfare

サーバー情報

  • IPアドレス: 1.1.1.1 / 1.0.0.1
  • IPアドレス(IPv6): 2606:4700:4700::1111 / 2606:4700:4700::1001
  • 提供元: Cloudflare、APNIC

特徴

  • ログを保管しない
  • IPv6 対応
  • DNSSEC の対応
  • DNS over HTTPS の対応
  • DNS over SSL の対応

参考

実測でGoogleの2倍速かったです

Google

サーバー情報

  • IPアドレス: 8.8.8.8 / 8.8.4.4
  • IPアドレス(IPv6): 2001:4860:4860::8888 / 2001:4860:4860::8844
  • 提供元: Google Inc.

Quad9

サーバー情報

  • IPアドレス: 9.9.9.9 / 149.112.112.112
  • IPアドレス(IPv6): 2620:fe::fe
  • 提供元: Cloudflare、APNIC

Verisign

サーバー情報

  • IPアドレス: 64.6.64.6 / 64.6.65.6
  • IPアドレス(IPv6): 2620:74:1b::1:1 / 2620:74:1c::2:2
  • 提供元: Verisign Inc.

Norton

サーバー情報

  • IPアドレス(ポリシー 1): 199.85.126.10 / 199.85.127.10
  • IPアドレス(ポリシー 2): 199.85.126.20 / 199.85.127.20
  • IPアドレス(ポリシー 3): 199.85.126.30 / 199.85.127.30
  • IPアドレス(IPv6):
  • 提供元: Symantec Corporation

public dns を使うことによるメリット

冒頭でも、説明しましたが、public dnsを使うことで、下記のようなメリットがあります。

  • プライバシーの確保
  • Webページ表示の高速化
  • 安全性の向上
  • 対障害の確保

プライバシーの確保

まず、JAIPA(日本インターネットプロバイダー協会)加盟のプロパイダは通信履歴をすべて保存しているようです。 保存期間は、各社により異なりますが、「電気通信事業における個人情報保護に関するガイドライン 第10条1」により、 「記録目的に必要な範囲で保存期間を設定すること」が定められているため、概ね3ヶ月間〜1年程度23で削除されるようです。

このデータは、警察などからの要請により、第三者に情報が提供されるようです。

public DNSを使うことで、このログの保存を回避することができます。

Webページ表示の高速化

経験上、プロパイダの提供するDNSサーバーは低速な場合がほとんどです。

大手のpublic dnsは世界中に支社のある企業が運営している場合がほとんどです。こういった会社は、世界中に サーバーを分散させて持っています。その為、今使っているパソコンから、 一番近いサーバーに問い合わせをする確率が高くなります。

そうすることで、通信速度を早くできるので、表示速度も速くすることができるわけです。

安全性の向上

Webサイトはその仕組み上、ドメイン名(example.com等)が分かると、それに紐付けられたipアドレスも特定できるように できています。ということは、有害なサイトが運営されているドメインがわかれば、そのIPアドレスもわかるということです。

この仕組を利用して、DNS問い合わせのときに、そのIPアドレスが有害なサイトであるかどうかを判断して、 有害なサイトへのアクセスを事前にブロックするサービスがあります。

対障害の確保

public dnsは世界中からアクセスが集まるため、使用するサーバーのリソースも膨大なものになります。 その為、必然的に、世界中にサーバーが分散され、高いレベルのエンジニアによって管理されるため、 障害が起こりにくくなっています。

また、万が一障害が起こった場合でも、世界中から情報が集まり、 すぐに解決してくれる場合がほとんどなので、その部分でも信用できると思います。