mainvisual

メディアンフィルタとは、画像からノイズを除去するための手法の一つです。 ノイズ除去の手法はその他に、平均値フィルタなど、様々なものがあります。

ノイズが出る原因としては、カメラの撮像素子の不良や、放射線などがあります。 ノイズが出現すると、突然色が濃くなったり、薄くなったりします。 それにより、画像が汚くなってしまいます。 ノイズ除去を行うことにより、それらのノイズを軽減、または消去することができます。

メディアンフィルタを倫理的に説明する前に、実際の画像を見てむらいます。 上が、生画像。下がメディアンフィルタを施した画像です。

生の画像はいろいろなノイズの影響をうけて、 ピクセルの濃さが突然濃くなったり、薄くなったりしています。

これでは、画像が綺麗に見えません。

メディアンフィルタとは

ノイズ除去をおこなうには、下図のように、ある特定のピクセルを選択して、 そのピクセルの周囲のピクセルの情報をもとに、 その特定のピクセルを再構成して作ります。

周囲のピクセルの情報をどう扱うかによって、 いろいろな手法が考えられています。