MacにHomebrewをインストールする方法と使い方まとめ

いつも愛用しているMac パッケージマネージャはHomebrewを使っています。 Homebrewとは、Unix環境で動作し、様々なソフトを管理することが出来ます。 プログラミングをするときに、みんなが必ずすることになる「環境構築」。 非常に面倒で導入する大変さから、ここで気持ちが折れてしまうことは少なくありません。 Macでは、「Homebrew」を使うと、環境構築を簡単に行なうことができ、 インストールしたパッケージのアップデートや削除も簡単に扱えますし、 依存関係も勝手に解決してくれるため、非常に便利です。 対応しているパッケージは、2,700以上あり、vim, ruby, python3, php, c++などの 主要のパッケージはもちろん対応していますし、含まれていないパッケージもFormulaという、 パッケージの手続き書を書くことによって、全てのパッケージを管理することも出来ます。 その他にも、ライブラリのリンク管理、Macシステム内部の構造スキャニング機能など、 高度な機能もついています。 Macを使ったか開発環境では、Homebrewは必須かと思いますので、 この記事を参考に導入しましょう!

はてなブックマーク - MacにHomebrewをインストールする方法と使い方まとめ

brew コマンドをつかって、システムの掃除をしてみた

macには、brewというパッケージ管理コマンドを導入することができます。 これが何をするかというと、ありとあらゆるプログラミング言語であったり、ツール類を一括して管理することのできるソフトです。 これを使うことで、バージョンの更新や、アンインストール、設定の編集なども簡単に行えたりするようになりますし、複数のmacがあり、全てに同じツールをインストールしないといけない時などに、半自動的に作業を行なうことのできます。 まぁ、自分はまるっきり前者で使っています。 それでは、始めていきます。

はてなブックマーク - brew コマンドをつかって、システムの掃除をしてみた